cancun

旅行

【⑤無料宿泊】ハイアットジーヴァカンクン(Hyatt Ziva Cancun)に無料宿泊する方法とChaseクレジットカード

更新日:

こんにちは、しろくまです。早いもので今年4月からブログを始めて半年経過しました。投稿数、頻度ともにまだまだですが、これからもやめないことを第1に続けていきたいと思います。

さて、今日はカンクン旅行最終編、ホテルに無料宿泊出来るのか?答えはYes!それではどうぞ!!

 

Hyattポイントで無料宿泊可能!!

結論から言うと、ホテルポイントを使うことで無料宿泊が可能です。初回記事でもご紹介しましたが、Twitter仲間のべいちゅーさんがポイントでハイアットジーヴァカンクンに無料宿泊されました。

 

5泊で2,800ドルを払った自分からすると羨ましい!!

ホテルポイント万歳ですね。

 

ハイアット規約

ハイアットの公式HPを見てみましょう。

 

こんな画面になります。リンク先に飛びたくなりますが、そのまま下にスクロールしていきます。するとオールインクルーシブについての規約が載っています。

下のちっちゃい注記を見てみます。

はい、と言うことで

夫婦2人でスタンダードに泊まると25,000ポイント/泊

ということです。子連れの場合は

 

夫婦+子供1人=25,000+12,500=37,500ポイント/泊

 

夫婦+子供2人=25,000+25,000=50,000ポイント/泊

 

ということになります。

ちなみに最大収容が4人ということですので、5人以上の場合は2部屋に分かれる必要があります。

 

検索してみる

大人2名で検索してみます。

 

ポイント出ましたね。はっきり言ってオールインクルーシブにポイント無料宿泊は反則級にお得だと思います。(ほんと羨ましい。。)

 

比べてみます。

 

アメリカエリアで検索して同じく2.5万ポイントのホテルが出てきます。(公式HPより)

やはりオールインクルーシブでポイントを使うのがポイント単価Maxで一番お得ですね。ただ上記の通り1人増えるごとに12,500ポイント増なのでそこは計算する必要がありますが。(この後、計算してみます)

 

必要ポイントをホテルと交渉

規約に乳幼児もしくは1歳や2歳の子供でも1人追加で12,500ポイントが必要と謳われているものの、これはどうにかなりまへんか?と思うところであります。

べいちゅーさんはその点実際に交渉された末、ご家族4人宿泊を25,000ポイントで達成されました。(規約通りだと50,000ポイント)

 

交渉方法はホテルと電話で直接交渉!!この行動力よ!!素晴らしい。

 

1度や2度ではなく、5、6回以上ということですから、その交渉力や敬服に値します。

ホテル側からしても2歳以下の子供でしたら飲み食いも大した量では無いでしょうし、許してくれそうな感じはしますよね。

 

ちなみにポイント単価を計算してみるとこうなります。(560ドル/泊 しろくまベース)

 

規約通り 50,000ポイント 560ドル ポイント単価 0.0112ドル、1.19円(1ドル106円計算)

交渉成功 25,000ポイント 560ドル ポイント単価 0.0224ドル、2.38円(1ドル106円計算)

 

ちなみに前出のパークハイアットChicagoは

25,000ポイント 220ドル ポイント単価 0.0088ドル、0.93円(1ドル106円計算)

です。また個人的見解ですが、ヒルトンのポイント単価はだいたい0.5円ほどです。

 

お子様連れの場合はなんとか交渉して25,000ポイントでの宿泊を勝ち取りたいところです!!(でも実際は担当者次第のところもあり、難しいのでしょう。。)

 

 

Hyattポイントが欲しい!

ここまで分かってくると皆さんHyattポイントが欲しくなりませんか?そりゃ欲しくなりますよね!!笑

 

そこでChaseクレジットカードの登場です。ChaseクレジットカードでHyattポイントを貯めることが出来ます。

 

私も本当はChaseクレカでHyattポイントを積み上げて無料宿泊したかったのですが、いかんせんChaseクレカの承認がおりず、通常支払い宿泊した身であります。

 

Chaseポイント→Hyattポイント

Hyattポイントを得るのにお勧めなのはChaseポイント=URポイントを貯めてURポイントをHyattポイントにトランスファーすることです。

 

Chaseクレカは入会ボーナスが大きく、かつ普段使いでもポイントを積み上げることが出来ます。ChaseのHPを見てみましょう。

 

 

 

URポイント1:1でホテルポイントに変えられます。ログインしてさらに見てみます。

 

IHG、マリオットポイントにもトランスファー可能ですが、ハイアットは他よりも少ないポイントで宿泊できることが1番のポイントです。

 

おすすめChaseカード

では実際にどんなChaseカードがあるのか紹介して行きたいと思います。

① Chase Sapphire Preferred(CSP)

私自身、最初にGetしたChaseカード。Approveされるまでに四苦八苦し、結局1年ほど要しました。大変思い入れのあるカードです。

3ヵ月以内に4,000ドル使用すると60,000ポイントもらえます。年会費95ドルかかりますが、6万ポイントの価値を考えると必要経費かなと思っています。

 

・旅行とダイニングで2倍ポイント貯まります。(1ドルで2ポイント)

・海外で使っても為替手数料が掛かりません

 

お申込みはコチラから

 

私のリファーラルリンクです。(使って頂くとしろくまにポイントが入り喜びます)

 

 

② World of Hyatt Credit Card

こちらも有名なカードです。年会費95ドルかかりますが、取得後6か月以内に6,000ドル使用すると50,000ポイントもらえます。正しく言うと最初3ヵ月3,000ドル使用で2.5万ポイント、その後3ヵ月でさらに3,000ドル使用で2.5万ポイントです。

その他

 

・ハイアット系ホテルでの支払いは1ドルで4ポイント

・毎年ハイアットの無料宿泊1泊(カテゴリー1-4に限る)

 

ハイアットをよく使う方にとってはマストカードと言えるのではないでしょうか。

 

お申し込みはコチラから

 

べいちゅーさんのリファーラルリンクです。(情報提供のお礼!!)

 

③ Chase Freedom Unlimited

ご夫婦のどちらか、例えば旦那様が既に①CSPを持っていて、奥様は年会費無料が良いな、という方はこちらのカードはいかがでしょうか?

 

・年会費無料

・期間限定でウェルカムボーナスが150ドルから200ドルにUp(19.10.6時点)

・CSPよりもApproveされやすい傾向

なんでも1.5%付くキャッシュバックカード

・CSPがあればキャッシュバック分をChaseポイントに変えることが出来る

 

例えば入会ボーナス200ドルを得た場合、その200ドルは20,000ポイントになります。

しかも同じ住所に住む家族であれば親カードと子カードのポイントはまとめることが出来ます。

 

夫婦でChaseポイントを稼ぐことが出来る訳です。これは良いですね。

 

お申込みはコチラから

 

ChaseカードApproveまでの道のり

ChaseカードはVISAであることから大変重宝する一方、Approve審査が厳しいことで有名です。

個人的経験から

 

良いクレジットヒストリー

SSN取得から1年ほど経過

Chase銀行口座を開設

 

あたりがキーになると思っています。

 

私はクレジットヒストリーはそこまで良くないですが、2番目と3番目をクリアして、なんとかCSPを獲得することが出来ました。

Chase銀行口座はネットから簡単に申請出来ます。私もTwitter仲間からアドバイスをもらって、支店に足を運ぶことなく開設することが出来ました。

 

 

お口座開設ご希望の方、ご紹介リンクございますのでもし宜しければご連絡ください!(コメント欄、Twitterより)

 

おわりに

長らくシリーズでお送りしてきましたカンクン旅行編、これにて終了です!お楽しみ頂けましたでしょうか。旅行記事でしたが最後クレカ記事になったのはご愛嬌。笑

前回までの記事はこちらから。

 アメリカ駐在員しろくまブログ
アメリカ駐在員しろくまブログ
https://sherockma.com/cancun4/
ークレカと旅行とグルメたちー

 

コメント、感想などありましたらコメント欄、Twitterなどで教えていただけますと今後の励みになります。

 

次回予告;アメリカ駐在員、円資産をドル転して運用する!?

 

それではまた!!

-旅行
-, , , , , , , ,

Copyright© アメリカ駐在員しろくまブログ , 2019 All Rights Reserved.