クレジットカード

【Hilton推し】Amexポイントを3倍増でHiltonポイントにトランスファーした話【ターゲットオファー】

投稿日:

皆さん、こんにちは!現役アメリカ駐在員、在米陸マイラー、米国株投資家、ブロガーのしろくま(@sherockma)です。

 

今日はAmexポイントとHiltonポイントについて書きたいと思います。年に数回、しかもターゲットオファーなので内容は人それぞれですが、Amexポイントを割り増しでHiltonポイントにトランスファーする機会があります。

 

私自身の体験談を交えてお届けします。それではどうぞ!

 

 

Amexポイントとは?

なにそれ?美味しいの?

 

そんな方は以前こちら解説した記事がありますので宜しければご覧ください。

 

 

色んなトランスファー先

様々なマイルやホテルポイントにトランスファー出来ることが大きな特徴ですね。そして日本で貯めるよりもアメリカは断然貯めやすいと言うのも大きな特徴です。

 

 

 

私が狙っているのはこのあと書きますが、ANAマイルとたまにHiltonポイントです。

 

貯め方

日々のクレカ使いでAmexポイントが貯まるカードを使っても良いし、Amexポイントがたくさんもらえる入会ボーナスもあるし、オンラインショッピングするときにポイントサイトを経由するとさらに貯まるし(Rakuten)

 

・入会ボーナス

・普段使い

・Rakutenポイントサイト

 

アメリカのクレカ社会の恩恵を受ければ超絶お得な未来が待っているかも!?(大袈裟)

 

 

 

本命:ANAマイル

メリット

Amexポイントを貯める一番の理由は、ANAマイルにトランスファーして家族で海外旅行に行きたいなーと思っているのと、単純にポイント単価&満足度が一番高そうだから、と言う理由です。

 

ビジネスクラスやファーストを予約するとそのポイント価値は爆上がりしますね。

 

さらに言うと日本でANAマイル貯めるよりも、アメリカにいた方が断然有利なのでアメリカにいるうちにMax貯めておこうと思っているのです。アメリカで生活しているとAmexポイントは貯めやすい。すなわち、ANAマイルが貯めやすい。

 

そう、Amexポイントは庶民の味方なのです!

 

デメリット

デメリットと言うと語弊があるかもしれませんが、マイルの世界には貯めたマイルをいかに使うのかと言う点において、深いぃ世界があるのでそこに1つハードルを感じてしまいます。特に家族4人分ですから、貯めるのも使うのも難易度は上がってしまいます。

ちなみ子供は2歳になった瞬間から飛行機の席を取る必要が出てきます。

 

一方ホテルステイは、まだ子供が小さいこともあり、予約は1部屋でよく、ポイントの使いやすさは抜群です。

 

 

次点:Hiltonポイント

と言う訳で、我が家は本命ANAマイルではあるものの、うまい話があればそちらに乗っかることもあります。

うまい話とは。。。

 

年に1回(2回?)ほど来たり来なかったりするターゲットオファーです。

 

ターゲットオファー

先日のサンクスギビングの時もありましたら、人によって内容・数字が違うオファーのことです。サンクスギビングの時は私としろ妻でオファーの内容が違いました。

 

詳しくはこちら

 

 

これの面白いのは開けてみてのお楽しみというワクワク感がある事です。思っていたより低い時、結構切ないのは言うまでもありません。苦笑

 

 

3倍オファー

トランスファーに踏み切った理由はこれです。通常1:1の交換比率が1:3の3倍増!

これはアツい!以前のターゲットオファーでは1:2程度でしたがついに3倍を引き当てたので思い切ってトランスファーすることに決めました。

 

メリット

Hilton無料宿泊がたくさん出来る。これですね。Hilton派の私は、過去にすでに10泊以上無料宿泊した経験がありますが、その経験をもっとしたい!的な感じです。

 

Hiltonポイントは私の経験則では1ポイント0.5円ほどの価値と考えています。1,000ポイントで500円。1万ポイントで5千円くらい。

 

今回実にAmex13.1万ポイントをブッコミました。よってGetしたHiltonポイントは39.3万ポイントです。

 

【期間限定】Hiltonポイント増量キャンペーンに乗っかりました‼️⤴️

AMEXポイント131,000ポイントをHiltonポイントに変身させました‼️🤗

3倍増量中なので一気に約40万HiltonポイントGET‼️🔥

131,000×3=393,000pt🎉

48時間以内にトランスファーされるみたいです😆 https://t.co/wA1VFBLx4rpic.twitter.com/fkc7mKFnv6

— しろくま🇺🇸米国駐在/在米陸マイラー/米国株投資/ポイントマイル (@sherockma) March 14, 2020

 

キター‼️😆あっと言う間にHiltonアプリに39.3万ポイントが出現‼️

手持ち分合わせて50万ポイントになりました⤴️ https://t.co/9Y9FLXDrDJpic.twitter.com/OOWbpBuuIq

— しろくま🇺🇸米国駐在/在米陸マイラー/米国株投資/ポイントマイル (@sherockma) March 15, 2020

 

ちなみに一つの目安(夢?)にしているのが、日本の高級ホテル・コンラッド東京の無料宿泊。

 

ただの無料宿泊ではなくて4泊分のポイントで5連泊できるというもの。

 

 

 

コンラッドは東京も大阪も1泊あたり9.5万ポイントが相場。4泊分のポイントと言うことは38万ポイントが必要になります。

通常であればAmexポイントが38万ポイント必要ですが、このターゲットオファーであれば3分の1なので、12.7万ポイントです。

 

12.7万ポイントと言うと遠い目をしたくなりますが、「入会ボーナス&普段使い&Rakuten」を組み合わせると実現不可能な数字では無いと思います!

後ほど、ポイント単価の計算をしてみたいと思います。

 

他のメリットとしては、ANAマイルがコロナで気軽に使えない状況の中、ホテルステイはマイルに比べると使いやすいと言うのもあるかと思います。ホテルポイントにしてしまえば携帯アプリから検索、予約まで一気に行けてしまいますからね。

 

楽なんです。

 

デメリット

ポイント単価がマイル利用に比べると落ちることでしょうか。ANAマイルの価値はシートによって(ファーストからエコノミーまで)全然違ってくるので一概には言えませんが、ホテルポイントよりも高くなるのは間違い無いでしょう。

 

でも今回はHiltonポイントは使いやすいのと、MRポイントが思いの外多く貯まってきていたこともあってトランスファーする事にしました。

 

 

 

さらにお得な無料宿泊方法&妄想検索

4泊ポイントで5泊無料宿泊

先にも書いた通り、ホテルポイントの単価Upを狙うには高級ホテルでこの方法が一番なのかなと思います。

 

以前Marriott系でしたが同じような特典で4泊分のポイントで5泊した事があります。この記事では1マリオットポイント=1.07円としていますね。

 

過去記事はこちらから

 

コンラッド東京で妄想

もし憧れのコンラッド東京に無料宿泊5連泊した場合の妄想をしてみましょう。笑

 

これは少し極端な例ですが、例えば2020年の年末年始5連泊をHiltonaアプリで検索してみます。そうすると47万円!と出てきます。とても払える金額ではありません。。

 

 

必要ポイントは4泊分ポイントなので38万ポイント。

なのでHiltonポイント単価=1.24円です。Amexポイントとしては3倍なので3.72円となります。

もしアップグレードしてもらえたらさらにポイント単価は上がりますね。

 

ANAマイルのポイント単価と比べると落ちるので勿体無いと感じるかもしれませんが、一番勿体無いのはポイント単価以上に、貯めたポイントを使わないことだと思っているので、時には思い切ってトランスファーして利用するのが良いと思っています。

 

ご参考までに、自分以外にも使い道もありますと言う事でご紹介↓

以前アメリカにいながら両親にコンラッド東京宿泊をプレゼントしました。昨年の記事を貼っておきます。両親にはとっても喜んでもらえて「一生の思い出になった!」と感激してくれました。

親への感謝、プライスレス。

 

過去記事はこちらから

 

 

まとめ

と言う訳で今回は自らの体験談を交えながらAmexポイントとHiltonポイントについてお届けしました。如何でしたでしょうか?

楽しんで頂けたら、もしくはお役に立てたら嬉しいです。

 

ポイントの使い方は人それぞれ、家族構成などによって千差万別なので、絶対解は無いと思っています。

 

ポイント単価にこだわる場合はANAマイル一択になりそうですが、使い勝手を優先するならホテルステイを楽しむのもありなんじゃないかなーと言うのが私の考えです。

 

元々ホテルステイが好きと言うか趣味みたいなところもありますしね。

 

今後もこのようなクレカ発、旅行関連情報を引き続き発信していきますので、どうぞよろしくお願いします!

 

それではまた次の記事でお会いしましょう。ご機嫌よう、さようならーーー!!!!

良かったらポチッとお願いします!!

-クレジットカード

Copyright© アメリカ駐在員しろくまブログ , 2021 All Rights Reserved.