クレジットカード

Amexカード特典でハマりがちな落とし穴2点

投稿日:2020年12月4日 更新日:

皆さん、こんにちは!現役アメリカ駐在員、在米陸マイラー、米国株投資家、ブロガーのしろくま(@sherockma)です。

 

今回はAmexカードの特典で、意外にも忘れてしまいがち、もしくは勘違いして気付いていなかった為にハマってしまいがちな2つのポイントについてお伝えしたいと思います。

 

いずれも経験談です。この記事で少しでも多くの方を救えたら嬉しく思います。(大袈裟)

 

参考)Amex過去記事

 

 

この記事の背景

先にも触れた通り、私自身が「あっぶねー」と言う体験をしたり、もしくは「やっちまったなー」と言う経験をしたからです。

 

2つあるのですが、1つ目は「あっぶねー」と言うことで、まだ間に合ったので良かったのですが、2つ目は後から気付いてチーン。って奴です。

 

カードがApproveされてよっしゃーと意気揚々と使い始めたはいいものの、肝心のベネフィットを使いこなせなかったらこんなに悲しいことはありません。ぜひご自身のカードベネフィットとその対応について確認いただけたらなと思います!

 

正直最初聞いた時は「なにそれ、聞いてないよー」と言うダチョウ状態でしたが、知りませんでしたと言う自分側のミスなので、私を反面教師にぜひこのポイントをおさえておいてください!

 

 

ダイニングクレジット

1つ目は後から気づいて時すでに遅し、チーン。と言う奴です。

 

後から気付いても知らなかったチミがいけないんだよ、と言われてはい、そうです、と言うしかない奴です。

 

知らなかったと言うか、正確に言うとカードが届いた時の規約を読んでないのがいけないってことですね。規約にはちゃんと書いてあるんでしょうから。。(はい、いつも規約ちゃんと読んでません。汗)

 

ダイニングクレジットとは?

毎月外食時にこのカードで決済してくれたら●ドル引いときまっせ!と言う奴です。

 

例えば私が所有していたAmex Goold(通称:雨金)の場合、毎月10ドルのダイニングクレジットが付随していました。

 

落とし穴とは?

よっしゃ、それなら毎月1回は外食しないと損だな、みたいに思って毎月外食してたんですが、待てど暮らせどマイナス10ドルがお目見えしないわけです。

 

「こりゃなんかおかしいぞ?」と思いつつ数ヶ月放置したままで、結局調べたのはだいぶ後のこと。結果は

 

申請が必要。

 

ってオイ!!

 

まあちゃんと把握していなかった自分が悪いのですが、これを知った時は結構ショックでしたよ!

 

 

対応事項

Amexのサイトにログインして、Benefitのページに飛んで、申請ボタンをポチッとするだけです。それだけなんです。

 

行き方

More→Benefits→Dining Credit→Enrollをポチる

 

 

 

正直、そのくらいならAmexさん、自動で登録してくれよ!と激しく思うわけですが、どうやら大人の事情でそうもいかないみたいです。ハマりますね、これは。完全に落とし穴です。

 

ちなみに初めてダイニングクレジットをGetした時のTweetがこちら。嬉しいんだけど今まで取りこぼしていた分を悔やむと言う複雑な気持ちのTweet。

 

ぜひお気をつけください!

 

 

Priority Pass(プライオリティパス)

Priority Passとは?

2つ目はこいつです。日本のクレカで言うと楽天カード有料版についてくることで知られていますが、Amexでも色んなカードにベネフィットとして付随してくるやつで、空港ラウンジを無料で使えたりする奴です。

 

一部指定の空港レストランで一定額まで割引になるなんてベネフィットもありましたね。確かAmexではこれが廃止になりました。

 

(こいつ↓)

 

旅行に行った時、搭乗前や乗継ぎの時にラウンジで過ごせちゃうと言う特典です。ドリンク、場所によってはお酒、軽食なんかも出てとても助かるやーつですね。

 

陸マイラーは空港でお金使わない!と言うモットーに大いに貢献してくれます。

 

で、です。

 

このプライオリティパスが一部のAmexカードに特典として付いてくるわけです。例えばHilton有料カードのSurpassやBusinessです。

実際に私はHiltonBusinessを持っていた時代があって、カンクン旅行で使いました。

 

結果的にはちゃんと使えたので良かったんですが、旅行前にギリセーフだった。。

 

 

落とし穴とは?

なんとなくの勝手なイメージ、権利が付随しているクレカと聞いていると、このカード(例えばHilton Business)を入り口で見せればラウンジに入れてくれるんでしょ?

 

なんて思いがちですが

 

否です。

 

ラウンジに入るときには上の写真にあるPriority Passと言う物理的なカード(or アプリ)を見せる必要があるのです!ラウンジの入り口でいくらHilton SurpassやHilton Businessを見せようが、見せられた人は「はい?ポカーン」ってなって入れてくれません。

 

プライオリティパスに紐つく番号が存在してないので。ああ、悲しい。。。

 

なので、クレカが家に届いたら速攻でPriority Passの申請をしてしまうことをお勧めします!

 

対応事項

Amexのサイトにログインして、Benefitのページに飛んで、申請ボタンをポチッとするだけです。

 

これはポチった後の画面。Enrolledになってます。

 

 

それだけなんです。

正直、そのくらいならAmexさん、自動で届くようにしてくれよ!と激しく思うわけですが、どうやら大人の事情でそうもいかないみたいです。ハマりますね、これは。完全に落とし穴です。(2回目)

 

 

 

私は旅行の1週間前にようやく手にしたのでだいぶ危なかったです。皆さんにはこのような体験をして欲しくないので、恥をしのんでブログで自ら公開しました!

 

 

 

エアラインクレジット

2点と書きましたがあえて書くならもう1個、エアラインクレジットの航空会社選択。

 

こちらは最初から「自分で航空会社を選ばなきゃな」と言う風に思うので、漏れることはあまりないと思いますが、こちらも上記同様に選択が必要です。

 

ちなみに私はHilton Aspireで250ドルのクレジットを持っています。一応登録しましたがコロナのせいで旅行にも出張にも行けず、違う意味でチーン。ですね。。

 

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。実体験に基づく失敗談をお届けしました。

 

正しくベネフィットを享受するためにはきちんと登録すべきものは登録する必要がありますのでご注意ください!

 

最初にカードを受け取ったらサイトにログインしてBenefitのページに飛んで1つずつ確認するのが吉かもしれませんね。

 

それでは皆さまのアメリカクレカ生活に幸多からんことを祈って!また次の記事でお会いしましょう!

 

ごきげんよう、さようなら〜。

良かったらポチッとお願いします!!

-クレジットカード

Copyright© アメリカ駐在員しろくまブログ , 2021 All Rights Reserved.